SHIINBLOG

23歳フリーターの日々

トレンド記事中心に更新していきます。

<

コンフィデンスマンJP4話の動画を無料視聴する方法 あらすじ 感想

長澤まさみが主演を務めている、ドラマ「コンフィデンスマンJP」4話の無料・見逃し動画を視聴(無料視聴)する方法を紹介しています。  

 

 

>>ここからドラマ「コンフィデンスマンJP」4話の動画が無料で見れます 

 

コンフィデンスマンJP4話のあらすじ

ダー子は、食品メーカー・俵屋フーズで工場長を務めている宮下正也(近藤公園)が、自社製品の産地偽装を告発しようとしていたことを知る。

 

看板ヒット商品の缶詰「うなぎのカレー煮」で、外国産のうなぎを国産だと偽って使用していたのだ。

 

しかし宮下は、同社社長・俵屋勤(佐野史郎)の脅しに屈し、告発文を出すことはできなかった。

 

俵屋は典型的な二代目のお坊ちゃんで、公私ともにやりたい放題、社員へのどう喝、セクハラも日常茶飯事、というとんでもない男だった。

 

そんな俵屋を新たなターゲットに選んだダー子は、彼が熱狂的な映画ファンであることに注目する。

 

ダー子たちは、俵屋が定期購読している『月刊キネマ新報』を、映画人が愛した銀座のカフェバー・スワンソンなる記事を載せたニセモノと差し替えて、彼をその店に誘い込むことに成功する。

 

そこで、新人映画監督に扮したボクちゃんと、映画プロデューサー役のリチャードが巧みに俵屋に近づき、オールスターキャストで制作されるという新作時代劇映画への出資を持ちかける。

 

ところが俵屋は、ボクちゃんたちの話にかなり興奮していたにもかかわらず、何故か出資話には興味を示さず・・・。

 

 

出演俳優

長澤まさみ

 

東出昌大

 

小日向文世

 

 

感想

面白い、これ、と思ったら古沢さん脚本ね。

 

通りで。 長澤まさみちゃん、振り切った演技いいですねぇ。

 

東出くんの持ち味十分生かしてこれまたナイス。

 

退屈しない展開、リーガルハイの長澤版って感じ。期待大です。

 

面白いです。

 

非現実的で突っ込みどころも満載ですがいちいち気にせず楽しんで見れました。

 

ぼくちゃんもいい味だしてます。 変に凝ったつまらないドラマより全然面白いです。